Poco a Poco, Paso a Paso♥

30歳から始めたスペイン語。アルゼンチンでの出産から日本での子宮頸ガン治療。日々のことをカテゴリー別に綴っています。

半年

自分の体から子宮という臓器がなくなってから早半年。

三ヶ月に一度の定期健診、細胞診と採血。

普段は忘れてしまうほど、快適で穏やかな生活を送っているわけだけど

病院に来ると思い出す。

自分は癌を患ったし、7時間を超える手術を受けたんだ…とつくづく思い出す。

採血をする時も、結果を聞きに行くときも

どうか神様…とついついいつもの神頼みまでしてしまう…

腕のいい先生がために2時間くらいは診察を待ち、検査が終わる頃にはもう夕方…


そんな退屈な時間も頑張ってお利口にしてくれるもん吉と

頼れる旦那さまのおかげで、なんとか今日もホッとした気持ちで家に帰れる



はーー。

今日も元気に過ごせていることに感謝‼︎

子宮頸がんを教えてくれたもん吉にも感謝‼︎

お友達のみんなにも、心から感謝です。
スポンサーサイト

 子宮頸癌

0 Comments

Leave a comment