Poco a Poco, Paso a Paso♥

30歳から始めたスペイン語。アルゼンチンでの出産から日本での子宮頸ガン治療。日々のことをカテゴリー別に綴っています。

焦ってはいけない

4月に入って、突然友達から連絡が来た

内容は、だいたいこう。

「来月から〇〇プリ(スクール)に通わせる」

「今日、〇〇保育園の入学式でした」

と、どれも全部事後報告。

なんか出遅れた気分にさせられるわけだけど、彼女たちはそういう動きを一切お茶の時などにしなかった。

それがある日突然、このご報告のメール。

うーーーーーーん。

返事はだいたいこう。

「〇〇ちゃん、ご入園おめでとう!! 」

でも、なぜなんの世間話もなしにこういう内容を送ってくるんだろうか?

一人は、落ちるかもしれなかったから...と言った。

3歳にまだなってない子のことを責めたりしませんよ.........と心の中で呟くわけで

公立の幼稚園なら4歳からな訳だから、保育園ならまだしも

2歳と数ヶ月で、どこに通わせようが通わせまいがいいと思うのだが.....

なんか、「おたくの子は??」と聞かれているようで若干焦るわけですが

焦ってはいけない!!!


親の自由時間のために、子供を預けてはならん!!とも思っている。

子供と触れ合う時間には限りがあるんだから、

一日中子供と向き合うことに疲れたからといって、むやみに学校に放り込むことだけはしたくないと思っている。

プリ、うちも考えましたが

授業料(値段)と内容が伴っているように思えないので、今年は見送り。

実は、教会の牧師先生のお子さん4人、幼稚園に通わせていなかった。

今度礼拝に行く時は、なぜ幼稚園に通わせなかったのかを根掘り葉掘り聞いてみようと

満開の桜を見ながら思った次第です。

IMG_3715.jpg

これはご近所の枝垂れ桜。

今日は公園に行ったので、大きい桜の木下で遊びました。

IMG_3700.jpg

背景が残念な写真ですけど...
スポンサーサイト

 教育

0 Comments

Leave a comment